忍者ブログ

日々の徒然に撮りためた画像ブログ 。 画像の無断転載・転用・配布等は、固くお断りします。 私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。 まとめサイト転載は断固拒否。

   
カテゴリー「植物 フ」の記事一覧
○フトモモ科 フェイジョア属 フェイジョア
 学名:Feijoa sellowiana
 英名:Feijoa, Pineapple guava

花期は5~6月頃。
赤い雄蕊がツンツンと目立つ花が咲く。
パイナップルのような香りがある。

葉は対生。
葉の形は、卵形で肉厚。

常緑低木。



フェイジョア
フェイジョア posted by (C)千秋
撮影日:2015年6月5日 本土寺 α57

フェイジョア
フェイジョア posted by (C)千秋
撮影日:2015年6月5日 本土寺 α57



フェイジョア

拍手[2回]

○マメ科 フジキ属 フジキ
 学名:Cladrastis platycarpa
 英名:

別名、山槐(ヤマエンジュ)。

花期は6月頃。
枝先の複総状花序に、白色の蝶形花をつける。
雄蕊は10個。
豆果は6~8センチほどで広線形、両側に著しい翼がある。

葉は奇数羽状複葉、小葉は4~6対。
小葉の基部には、小托葉がある。
葉の形は卵状楕円形で、葉の質はやや厚い。
葉の裏面は淡緑色。
花軸や花柄、萼には褐色の短毛がある。

樹皮は灰白色から黒褐色。
冬芽は薄い白紙状の袋に包まれている。

落葉高木。



藤木(フジキ)
藤木(フジキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月31日 水元公園 α57

藤木(フジキ)
藤木(フジキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月31日 水元公園 α57

藤木(フジキ)
藤木(フジキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月31日 水元公園 α57

藤木(フジキ)
藤木(フジキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月31日 水元公園 α57



フジキ

拍手[2回]

○ハナヤスリ科 ハナワラビ属 フユノハナワラビ
 学名:Botrychium ternatum
 英名:Ternate grape fern

夏の終わり頃に小さな葉を広げる。
その後、冬に小さな黄金色の胞子がついた胞子葉を伸ばす。
生育期間は秋から春まで、夏は地上部が枯死して休眠する。

多年性シダ植物。



冬の花蕨(フユノハナワラビ)
冬の花蕨(フユノハナワラビ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月23日 水元公園 α57

冬の花蕨(フユノハナワラビ)
冬の花蕨(フユノハナワラビ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月23日 水元公園 α57



フユノハナワラビ

拍手[1回]

○オシロイバナ科 イカダカズラ属 ブーゲンビリア
 学名:Bougainvilleae
 英名:Bougainvillea

和名、筏葛(イカダカズラ)。

花びらに見える部分は、花を取り巻く葉(包葉)である。
通常3枚もしくは6枚ある。
実際の花は、いわゆる花の中央部にあるラッパ状のもの。

常緑低木。



ブーゲンビリア
ブーゲンビリア posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月5日 水元公園 α57



ブーゲンビリア

拍手[1回]

○フトモモ科 ブラシノキ属 ブラシノキ
 学名:Callistemon speciosus
 英名:Bottlebrush

別名、カリステモン、花槙(ハナマキ)、金宝樹(キンポウジュ)。

花期は5~6月頃。
枝先に穂状花序をつけ、真っ赤なブラシのような花を咲かせる。

花序の先から枝が伸びる、珍しい特徴を持つ。

常緑低木。



ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57

ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57

ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57

ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57

ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57

ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57

ブラシの木(ブラシノキ)
ブラシの木(ブラシノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月21日 α57



ブラシノキ

拍手[2回]

○オシロイバナ科 イカダカズラ属 ブーゲンビリア
 学名:Bougainvilleae
 英名:Bougainvillea

和名、筏葛(イカダカズラ)。

花びらに見える部分は、花を取り巻く葉(包葉)である。
通常3枚もしくは6枚ある。
実際の花は、いわゆる花の中央部にあるラッパ状のもの。

常緑低木。



ブーゲンビリア
ブーゲンビリア posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月5日 水元公園 α57

ブーゲンビリア
ブーゲンビリア posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月5日 水元公園 α57



ブーゲンビリア

拍手[1回]

○キジカクシ科 アマドコロ属 種:アマドコロ 品種:フイリアマドコロ
 学名:Polygonatum odoratum var. pluriflorum
 英名:Solomon's seal

花期は4~5月頃。
葉腋から白色で筒状の花を1~2個下垂して咲かせる。

葉は互生、形は長楕円形から狭長楕円形。
若芽や円柱状の茎は、食用にされる事もある。

甘野老(あまどころ)は、花と花柄の継ぎ目が突起状ではない。
茎は6本の稜があり、少し角ばった感じとなる。

多年草。



斑入り甘野老(フイリアマドコロ)
斑入り甘野老(フイリアマドコロ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年4月29日 市川市万葉植物園 α57

斑入り甘野老(フイリアマドコロ)
斑入り甘野老(フイリアマドコロ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年4月29日 市川市万葉植物園 α57



フイリアマドコロ

拍手[2回]

○センリョウ科 チャラン属 フタリシズカ
 学名:Chloranthus serratus
 英名:

花期は4~6月頃。
茎の先に数本の穂状花序を出し、小さな白い花をつける。
花には花弁も萼もなく、3個の雄蕊が丸く子房を抱いている。

葉は十字対生、形的にやや輪生状に見える。
葉の形は楕円形。
葉には短い柄があり、縁には細かい鋸歯がある。

多年草。



二人静(フタリシズカ)
二人静(フタリシズカ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年4月29日 市川市万葉植物園 α57



フタリシズカ

拍手[3回]

○オシロイバナ科 イカダカズラ属 ブーゲンビリア
 学名:Bougainvilleae
 英名:Bougainvillea

和名、筏葛(イカダカズラ)。

花びらに見える部分は、花を取り巻く葉(包葉)である。
通常3枚もしくは6枚ある。
実際の花は、いわゆる花の中央部にあるラッパ状のもの。

常緑低木。



ブーゲンビリア
ブーゲンビリア posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月5日 水元公園 α57

ブーゲンビリア
ブーゲンビリア posted by (C)千秋
撮影日:2015年5月5日 水元公園 α57



ブーゲンビリア

拍手[1回]

○カヤツリグサ科 ホタルイ属 フトイ
 学名:Scirpus tabernaemontani
 英名:Softstem bulrush

花期は6~10月頃。
茎の先から散房に花序の枝をだし、小穂を数個または1個つける。
小穂は黄褐色。

根茎は長く地中をはい、節から径1~2センチの太くて丸い茎を立てる。
草丈は80~200センチにもなる。

池や沼のなかに群生する。

多年草。



太藺(フトイ)
太藺(フトイ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年4月29日 市川市万葉植物園 α57

太藺(フトイ)
太藺(フトイ) posted by (C)千秋
撮影日:2015年4月29日 市川市万葉植物園 α57



フトイ

拍手[1回]

  
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
カウンター


PIXTA
写真素材のピクスタ
プロフィール
HN:
千秋
性別:
女性
自己紹介:
掲載画像の著作権は撮影者に帰属します。

画像の無断転載・転用・配布等は、かたくお断りします。

私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。

画像盗用サイト、著作権違反はURLを公表。
花時計
今日の和色
本棚
レシピ
PR
Copyright ©  -- 日々徒然 日々戯言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]