忍者ブログ

日々の徒然に撮りためた画像ブログ 。 画像の無断転載・転用・配布等は、固くお断りします。 私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。 まとめサイト転載は断固拒否。

   
○モクセイ科 イボタノキ属 トウネズミモチ
 学名:Ligustrum lucidum
 英名:Glossy Privet

花期は6~7月頃。
枝先に円錐花序を出し、小さな白色の花をたくさん咲かせる。

花後にできる実が、鼠の糞に似ている為この名がついている。

葉は対生。
葉の形は卵形。
日に透かすと、葉脈が透けて見える。

常緑高木。



唐鼠黐(トウネズミモチ)
唐鼠黐(トウネズミモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年6月25日 α77

唐鼠黐(トウネズミモチ)
唐鼠黐(トウネズミモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年6月25日 α77

唐鼠黐(トウネズミモチ)
唐鼠黐(トウネズミモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年6月25日 α77



トウネズミモチ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○モクセイ科 イボタノキ属 トウネズミモチ
 学名:Ligustrum lucidum
 英名:Glossy Privet

花期は6~7月頃。
枝先に円錐花序を出し、小さな白色の花をたくさん咲かせる。

花後にできる実が、鼠の糞に似ている為この名がついている。

葉は対生。
葉の形は卵形。
日に透かすと、葉脈が透けて見える。

常緑高木。



唐鼠黐(トウネズミモチ)
唐鼠黐(トウネズミモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年6月12日 α77

唐鼠黐(トウネズミモチ)
唐鼠黐(トウネズミモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年6月12日 α77

唐鼠黐(トウネズミモチ)
唐鼠黐(トウネズミモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年6月12日 α77



トウネズミモチ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○ドクダミ科 ドクダミ属 ドクダミ
 学名:Houttuynia cordata
 英名:

別名、毒溜め(ドクダメ)、魚腥草(ギョセイソウ)、地獄蕎麦(ジゴクソバ)

花期は5~7月。
茎頂に4枚の白色の総苞のある棒状の花序に、淡黄色の小花を密生させる。
本来の花には花弁も萼もなく、雌蕊と雄蕊のみ。

葉は互生。
葉の形はハート形。

多年草。



蕺草(ドクダミ)
蕺草(ドクダミ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月26日 α37

蕺草(ドクダミ)
蕺草(ドクダミ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月26日 α37

蕺草(ドクダミ)
蕺草(ドクダミ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月26日 α37



ドクダミ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○バラ科 トキワサンザシ属 トキワサンザシ
 学名:Pyracantha coccinea
 英名:Firethorn

花期は5~6月頃。
短い枝の先に散房花序を出し、小さな花をたくさん咲かせる。
花の色は白色、花弁は5枚。
10月頃、赤い実を沢山つける。

葉は互生。
葉の形は、倒披針形から狭い倒卵形。
幹や枝には、小枝の変化した鋭い棘がある。

常緑低木。



常磐山査子(トキワサンザシ)
常磐山査子(トキワサンザシ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月13日 α57

常磐山査子(トキワサンザシ)
常磐山査子(トキワサンザシ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月13日 α57

常磐山査子(トキワサンザシ)
常磐山査子(トキワサンザシ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月13日 α57

常磐山査子(トキワサンザシ)
常磐山査子(トキワサンザシ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月13日 α57

常磐山査子(トキワサンザシ)
常磐山査子(トキワサンザシ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月13日 α57



トキワサンザシ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○サギゴケ科 サギゴケ属 トキワハゼ
 学名:Mazus pumilus
 英名:

花期は4~11月頃。
花の大きさは1センチほどの筒状で、花冠が上下に唇形に2つに裂ける。
上唇は淡紫色で、浅く2つに裂ける。
下唇は淡紫色で、先が3つに裂ける。
真ん中に、黄褐色の斑が入る。
筒の部分は紫色。
花後は蒴果となる。

葉は互生。
根際から生える数枚の葉は、へら形をしている。
葉の縁には、鈍い鋸歯がある。

草丈は5~25センチほど。
匍匐茎をもたない。

一年草。



常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月19日 α37

常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月19日 α37

常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月19日 α37

常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月19日 α37

常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月19日 α37
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○キジカクシ科  スズラン属 ドイツスズラン
 学名:Convallaria majalis
 英名:Lily of the valley

花期は4~5月頃。
真っ白なベル型の花を下向きにつける。

花が葉と同じ高さで咲くのが特徴。

多年草。



独逸鈴蘭(ドイツスズラン)
独逸鈴蘭(ドイツスズラン) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月28日 α77

独逸鈴蘭(ドイツスズラン)
独逸鈴蘭(ドイツスズラン) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月28日 α77

独逸鈴蘭(ドイツスズラン)
独逸鈴蘭(ドイツスズラン) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月28日 α77
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○サギゴケ科 サギゴケ属 トキワハゼ
 学名:Mazus pumilus
 英名:

花期は4~11月頃。
花の大きさは1センチほどの筒状で、花冠が上下に唇形に2つに裂ける。
上唇は淡紫色で、浅く2つに裂ける。
下唇は淡紫色で、先が3つに裂ける。
真ん中に、黄褐色の斑が入る。
筒の部分は紫色。
花後は蒴果となる。

葉は互生。
根際から生える数枚の葉は、へら形をしている。
葉の縁には、鈍い鋸歯がある。

草丈は5~25センチほど。
匍匐茎をもたない。

一年草。



常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月26日 α37
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○マンサク科 トキワマンサク属 トキワマンサク
 学名:Loropetalum chinense
 英名:Fringe flower、Evergreen witchhazel

花期は4~5月頃。
枝先から花柄をだし、淡クリーム色の花をつける。
花弁はリボン状で4個あり、3~6個の小花がまとまってつく。

葉は互生。
葉の形は卵形で、葉の色はやや暗い緑色。

常緑小低木。



常磐万作・常磐満作(トキワマンサク)
常磐万作・常磐満作(トキワマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月13日 にいじゅくみらい公園 α77

常磐万作・常磐満作(トキワマンサク)
常磐万作・常磐満作(トキワマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月13日 にいじゅくみらい公園 α77

常磐万作・常磐満作(トキワマンサク)
常磐万作・常磐満作(トキワマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月13日 にいじゅくみらい公園 α77
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○サギゴケ科 サギゴケ属 トキワハゼ
 学名:Mazus pumilus
 英名:

花期は4~11月頃。
花の大きさは1センチほどの筒状で、花冠が上下に唇形に2つに裂ける。
上唇は淡紫色で、浅く2つに裂ける。
下唇は淡紫色で、先が3つに裂ける。
真ん中に、黄褐色の斑が入る。
筒の部分は紫色。
花後は蒴果となる。

葉は互生。
根際から生える数枚の葉は、へら形をしている。
葉の縁には、鈍い鋸歯がある。

草丈は5~25センチほど。
匍匐茎をもたない。

一年草。



常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月22日 α37

常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月22日 α37

常盤黄櫨(トキワハゼ)
常盤黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月22日 α37
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○サギゴケ科 サギゴケ属 トキワハゼ
 学名:Mazus pumilus
 英名:

花期は4~11月頃。
花の大きさは1センチほどの筒状で、花冠が上下に唇形に2つに裂ける。
上唇は淡紫色で、浅く2つに裂ける。
下唇は淡紫色で、先が3つに裂ける。
真ん中に、黄褐色の斑が入る。
筒の部分は紫色。
花後は蒴果となる。

葉は互生。
根際から生える数枚の葉は、へら形をしている。
葉の縁には、鈍い鋸歯がある。

草丈は5~25センチほど。
匍匐茎をもたない。

一年草。



常磐黄櫨(トキワハゼ)
常磐黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月20日 α37

常磐黄櫨(トキワハゼ)
常磐黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月20日 α37

常磐黄櫨(トキワハゼ)
常磐黄櫨(トキワハゼ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月20日 α37
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

  
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター


ninja tools
PIXTA
写真素材のピクスタ
プロフィール
HN:
千秋
性別:
女性
自己紹介:
掲載画像の著作権は撮影者に帰属します。

画像の無断転載・転用・配布等は、かたくお断りします。

私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。

画像盗用サイト、著作権違反はURLを公表。
花時計
本棚
レシピ
日めくりカレンダー
PR
Copyright ©  -- 日々徒然 日々戯言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]