忍者ブログ

日々の徒然に撮りためた画像ブログ 。 画像の無断転載・転用・配布等は、固くお断りします。 私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。 まとめサイト転載は断固拒否。

   
○ナス科 バンマツリ属 ニオイバンマツリ
 学名:Brunfelsia australis
 英名:Yesterday-Today-and-Tomorrow, Kiss-me-quick

花期は春から夏にかけてと長い。
花弁は5個。
最初は紫色の花で、やがて減色し白くなる。

葉は対生。
葉の形は楕円形。
葉の先端が尖っている。

常緑低木。



匂番茉莉(ニオイバンマツリ)
匂番茉莉(ニオイバンマツリ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月11日 α77

匂番茉莉(ニオイバンマツリ)
匂番茉莉(ニオイバンマツリ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年5月11日 α77



ニオイバンマツリ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○アヤメ科 ニワゼキショウ属 ニワゼキショウ
 学名:Sisyrinchium rosulatum
 英名:Eastern blue-eyed grass

花期は5~6月頃。
茎の先に細い花柄を出し、6枚花弁の花を咲かせる。
花の色は、白紫色、紅紫色、青紫色など。

葉はアヤメ科特有の細長い葉。
元は北アメリカ原産の植物だが、今では帰化し雑草化している。

多年草。



庭石菖(ニワゼキショウ)
庭石菖(ニワゼキショウ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月28日 鎌倉野草園 α77

庭石菖(ニワゼキショウ)
庭石菖(ニワゼキショウ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月28日 鎌倉野草園 α77

庭石菖(ニワゼキショウ)
庭石菖(ニワゼキショウ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月28日 鎌倉野草園 α77



ニワゼキショウ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○バラ科 ナナカマド属 ナナカマド
 学名:Sorbus commixta
 英名:Japanese Rowan

花期は6~7月頃。(東京では4~5月頃)
枝先に複散房花序を出し、5枚花弁の白色の花を咲かせる。
雄蕊は20個、花柱は3~4個。
花後の果実は球形で、秋には真っ赤に熟す。

葉は互生し奇数羽状複葉。
小葉は4~7対。
葉の形は、披針形または長楕円状披針形。
葉の先端がとがっている。
葉の縁には、浅く鋭い鋸歯がある。
葉の両面とも無毛。

落葉高木。



七竃(ナナカマド)
七竃(ナナカマド) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月21日 にいじゅくみらい公園 α77

七竃(ナナカマド)
七竃(ナナカマド) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月21日 にいじゅくみらい公園 α77

七竃(ナナカマド)
七竃(ナナカマド) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月21日 にいじゅくみらい公園 α77

七竃(ナナカマド)
七竃(ナナカマド) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月21日 にいじゅくみらい公園 α77

七竃(ナナカマド)
七竃(ナナカマド) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月21日 にいじゅくみらい公園 α77



ナナカマド
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○キジカクシ科 センネンボク属 ニオイシュロラン
 学名:Cordyline australis
 英名:

別名、千年木蘭(センネンボクラン)

花期は5~6月頃。
葉の間から円錐花序を複数だし、香りのよい花を咲かせる。
花の色は白色。
花弁は6枚、先が反り返る、花径は8ミリほど。
花後には球形の果実ができ、青みがかった白色。

葉の形は、剣状で、茎の先に放射状に輪生する。
葉には艶がある。

樹皮は灰褐色、コルク質で細かくひび割れる。

常緑小高木。



匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン)
匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月17日 α200

匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン)
匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月17日 α200

匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン)
匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月17日 α200

匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン)
匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月17日 α200

匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン)
匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月17日 α200

匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン)
匂い棕櫚蘭(ニオイシュロラン) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月17日 α200
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○レンプクソウ科 ニワトコ属 ニワトコ
 学名:Sambucus sieboldiana
 英名:Japanese red elder

別名、セッコツボク。

花期は4~5月頃。
本年の枝先に若葉と同時に、円錐花序だす。
花の色は淡黄白色、小さな花が多数つける。

花冠は4~5ミリほどで、花筒はとても短い。
その先端は5深裂し反り返る。
雄蕊は5個、雌蕊は1個、萼片は5個。

花後に果実ができ、卵球状で赤く熟す。
果実の中には、種子が3~5個入っている。

葉は奇数羽状複葉で対生。
小葉は2~3対。
葉の形は長楕円形または広楕円形。
葉の先端はとがり、葉の基部は円形。
葉の縁には、細かい鋸歯がある。

落葉低木。



接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月6日 α77

接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月6日 α77

接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月6日 α77

接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月6日 α77

接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年4月6日 α77



ニワトコ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○キク科 タンポポ属 ニホンタンポポ
 学名:Taraxacum(属の総称)
 英名:Dandelion

「総苞片が反り返っていない在来種」の総称。

見分け方としては花期に、総苞片が反り返っているのが外来種で、
反り返っていないのが在来種。
在来種は総苞の大きさや形で区別できる。
しかし交雑もあり、単純に外見から判断できない、個体が存在することが確認されている。

多年草。



日本蒲公英(ニホンタンポポ)
日本蒲公英(ニホンタンポポ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月26日 α37

日本蒲公英(ニホンタンポポ)
日本蒲公英(ニホンタンポポ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月26日 α37



ニホンタンポポ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○レンプクソウ科 ニワトコ属 ニワトコ
 学名:Sambucus sieboldiana
 英名:Japanese red elder

別名、セッコツボク。

花期は4~5月頃。
本年の枝先に若葉と同時に、円錐花序だす。
花の色は淡黄白色、小さな花が多数つける。

花冠は4~5ミリほどで、花筒はとても短い。
その先端は5深裂し反り返る。
雄蕊は5個、雌蕊は1個、萼片は5個。

花後に果実ができ、卵球状で赤く熟す。
果実の中には、種子が3~5個入っている。

葉は奇数羽状複葉で対生。
小葉は2~3対。
葉の形は長楕円形または広楕円形。
葉の先端はとがり、葉の基部は円形。
葉の縁には、細かい鋸歯がある。

落葉低木。



接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月26日 α37

接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月26日 α37

接骨木(ニワトコ)
接骨木(ニワトコ) posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月26日 α37



ニワトコ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○バラ科 サクラ属 ニワザクラ
 学名:Prunus glandulosa 'Alboplena'
 英名:Dwarf flowering almond

花期は4~5月頃。
白色から淡紅色の花を咲かせる。
花後に真っ赤な果実ができる。

庭梅に似ているが、庭桜の多くは八重咲き。

葉の形は、長楕円形から長楕円状披針形。
縁には、細かい重鋸歯がある。

落葉低木。



庭桜(ニワザクラ)
庭桜(ニワザクラ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

庭桜(ニワザクラ)
庭桜(ニワザクラ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57



ニワザクラ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○キク科 タンポポ属 ニホンタンポポ
 学名:Taraxacum(属の総称)
 英名:Dandelion

「総苞片が反り返っていない在来種」の総称。

見分け方としては花期に、総苞片が反り返っているのが外来種で、
反り返っていないのが在来種。
在来種は総苞の大きさや形で区別できる。
しかし交雑もあり、単純に外見から判断できない個体が存在することが確認されている。

多年草。



日本蒲公英(ニホンタンポポ)
日本蒲公英(ニホンタンポポ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月30日 小塚山公園 α57

日本蒲公英(ニホンタンポポ)
日本蒲公英(ニホンタンポポ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月30日 小塚山公園 α57

日本蒲公英(ニホンタンポポ)
日本蒲公英(ニホンタンポポ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月30日 小塚山公園 α57



ニホンタンポポ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○スミレ科 スミレ属 ニオイタチツボスミレ
 学名:Viola obtusa
 英名:

花期は4~5月頃。
花の色は濃紅紫色で、基部が白色。
花弁は5枚、上弁2枚、側弁2枚、下弁1枚。
下弁に紫色の筋がある。
側弁は無毛。
距は6~7ミリほどで、やや扁平。
雄しべは5個、花糸はほとんどない、
雌しべは1個、花柱は棒状。

葉はハート形で、長さ2~4センチほど。
葉の縁に鋸歯がある。
葉柄の根本にある托葉は、櫛の歯状に切れ込むが、タチツボスミレより粗い。

草丈は10~15センチほどだが、花後には伸び30センチほどになる。

多年草。



匂立坪菫(ニオイタチツボスミレ)
匂立坪菫(ニオイタチツボスミレ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月30日 小塚山フィールドアスレチック α57

匂立坪菫(ニオイタチツボスミレ)
匂立坪菫(ニオイタチツボスミレ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月30日 小塚山フィールドアスレチック α57
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター


ninja tools
PIXTA
写真素材のピクスタ
プロフィール
HN:
千秋
性別:
女性
自己紹介:
掲載画像の著作権は撮影者に帰属します。

画像の無断転載・転用・配布等は、かたくお断りします。

私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。

画像盗用サイト、著作権違反はURLを公表。
花時計
本棚
レシピ
日めくりカレンダー
PR
Copyright ©  -- 日々徒然 日々戯言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]