忍者ブログ

日々の徒然に撮りためた画像ブログ 。 画像の無断転載・転用・配布等は、固くお断りします。 私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。 まとめサイト転載は断固拒否。

   
カテゴリー「植物 ク」の記事一覧
○モチノキ科 モチノキ属 クロガネモチ
 学名:Ilex rotunda
 英名:Round Leaf Holly

花期は5~6月頃。
葉腋に淡紫白色の花を咲かせる。
花弁と萼片は4~6個、花弁は反り返る。
雄しべは4~6個あり、雌花では退化して小さい。
果実は核果で、秋から冬にかけて真っ赤に熟す。

葉は互生。
葉の形は、楕円形または、広楕円形で全縁。
革質で葉の表面は光沢があり、葉の裏面は淡緑色。

常緑高木。



黒鉄黐(クロガネモチ)
黒鉄黐(クロガネモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年11月14日 向島百花園 α57

黒鉄黐(クロガネモチ)
黒鉄黐(クロガネモチ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年11月14日 向島百花園 α57



クロガネモチ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○キンポウゲ科 ヘレボルス属 ヘレボルス
 学名:Helleborus niger
 英名:Christmas rose

ヘレボルス(Helleborus)はキンポウゲ科の、 ヘレボルス属に分類される植物の総称。

クリスマスローズという呼称は、クリスマスの頃に開花する、
ヘレボルス・ニゲルだけを指した呼称であるが、
日本の園芸市場ではレンテン・ローズと呼ばれる。

「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回る。

多年草。



クリスマスローズ
クリスマスローズ posted by (C)千秋
撮影日:2019年3月12日 α77



クリスマスローズ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○ラン科 キンラン属 クゲヌマラン
 学名:Cephalanthera longifolia
 英名:

花期は4~6月頃。
茎頂に総状花序をだし、白色の花を咲かせる。
花冠はあまり開かず、唇弁の基部に距がない。

葉は互生。
葉の形は広披針形で、平行脈がみられ、花茎を抱く。

銀蘭の変種と言われ、神奈川県の鵠沼で発見された事による。
分布は、低地~山地の明るい林内や林縁。

多年草。



鵠沼蘭(クゲヌマラン)
鵠沼蘭(クゲヌマラン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月19日 堀之内貝塚公園 α57

鵠沼蘭(クゲヌマラン)
鵠沼蘭(クゲヌマラン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月19日 堀之内貝塚公園 α57

鵠沼蘭(クゲヌマラン)
鵠沼蘭(クゲヌマラン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月19日 堀之内貝塚公園 α57

鵠沼蘭(クゲヌマラン)
鵠沼蘭(クゲヌマラン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月19日 堀之内貝塚公園 α57

鵠沼蘭(クゲヌマラン)
鵠沼蘭(クゲヌマラン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月19日 堀之内貝塚公園 α57
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○クワ科 クワ属 クワ
 学名:Morus bombycis
 英名:Mulberry

花期は4~5月頃。
花弁なく、新枝の葉腋に花序をつける。
果実は集合果、6~7月頃赤黒く熟し食用となる。

葉は互生。
葉の質は薄く、光沢のある黄緑色。
葉の縁には、荒い鋸歯がある。
丸い葉、切れ込みがある葉など、同じ木でも葉の変異がある。

雌雄同株または雌雄異株、落葉小高木。



桑(クワ)
桑(クワ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

桑(クワ)
桑(クワ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

桑(クワ)
桑(クワ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57



クワ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○ラン科 アツモリソウ属 クマガイソウ
 学名:Cypripedium japonicum
 英名:

花期は4~5月頃。
淡白色地に紅紫色の斑点が入る、独特の形をした花を咲かせる。
花の名の由来は、唇弁を一ノ谷の合戦で有名な
熊谷二郎直実が背負った母衣の形になぞらえている。

葉は2枚対生。
大きな団扇状の形で、葉にはひだがある。

常緑多年草。



熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊谷草(クマガイソウ)
熊谷草(クマガイソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57



クマガイソウ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○カバノキ科 クマシデ属 クマシデ
 学名:Carpinus japonica
 英名:Japanese hornbeam

別名、カタシデ。
また別な漢字で、熊垂とも書く。

花期は4~5月頃。
葉の展開と同時に、雄花序、雌花序を出す。

雄花序は前年の枝から垂れ下がり、黄褐色で長さは3~5センチ。
多数の苞鱗と小さな雄花からできている。
その雄花は苞鱗の中に1個ずつつき、雄蕊は8~10個ほどある。

雌花序は緑色で、本年の枝先の先端につく。
雌花は苞鱗の中に2個あり、それぞれに子房1個と2個の花柱がある。

葉は互生、葉の形は長楕円形または披針状楕円形。
葉の先端は鋭く尖る。
基部はわずかに心形となるか、または円形。
側脈は20~24対。

若木の樹皮は滑らかだが、老木になると、黒褐色になり縦に裂け目ができる。

落葉高木。



熊四手(クマシデ)
熊四手(クマシデ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57

熊四手(クマシデ)
熊四手(クマシデ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月10日 市川市万葉植物園 α57



クマシデ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○ヤナギ科 ヤナギ属 クロヤナギ
 学名:Salix gracilistyla var. melanostachys
 英名:

黒柳は猫柳の突然変異と推定されている。
観賞用に、雄株が栽培されているが、雌株が発見されていない。

高さは2メートルほどになり、猫柳に似ているが、葉の表面には毛がほとんどなく、
葉の縁の鋸歯はやや大きく波状になる。

雄花の苞は披針形で、先端が鋭い針状になり、
基部以外は黒色なので、満開になるまで花序が黒い。

雄しべは、2個が合着して1個になっている。
葯は紅色で、黄色の花粉をだす。

落葉低木。



黒柳(クロヤナギ)
黒柳(クロヤナギ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月24日 鎌倉野草園 α57

黒柳(クロヤナギ)
黒柳(クロヤナギ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月24日 鎌倉野草園 α57

黒柳(クロヤナギ)
黒柳(クロヤナギ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月24日 鎌倉野草園 α57

黒柳(クロヤナギ)
黒柳(クロヤナギ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月24日 鎌倉野草園 α57



クロヤナギ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○バラ科 ボケ属 クサボケ
 学名:Chaenomeles japonica
 英名:Japanese quince

別名、シドミ。

花期は3~5月頃。
5枚花弁の朱赤色の花をつける。
花弁枚数は5枚、2~4個ほど花が束生する。

雄蕊は多数、花柱は5個。
雌蕊は子房が肥厚する。
花後に3センチほどの果実ができ、球形で黄色に熟す。
この果実は果実酒にできる。

葉は互生、葉の形は倒卵形で、裏表とも無毛。
葉の縁には細かい鋸歯がある。

茎の下部は地に伏し、地下茎をひく。
小枝は刺となる。

落葉小低木。



草木瓜(クサボケ)
草木瓜(クサボケ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37

草木瓜(クサボケ)
草木瓜(クサボケ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37



クサボケ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○マツ科 マツ属 クロマツ
 学名:Pinus thunbergii
 英名:Japanese Black Pine

赤松を雌松(メマツ)と呼ぶのに対して、黒松は雄松(オマツ)と呼ばれる。

花期は4~5月頃。
雄花は今年伸びた枝の下部に多数群がってつき、雌花は先端に1~3個つく。

雄花の長さは2センチ弱で、長楕円形状円柱状。
雌花は紫紅色でほぼ球形。
果実は翌年の10月頃に熟し、5~7センチほどの倒卵型。
種子の長さの3倍ほどの翼がある。

葉は2個ずつ束生し、長さ5~16センチほどの針状でかたい。
基部は褐色のさやに覆われている。
葉の横断面は半円形。

樹皮は灰黒色で、幼木では浅くさける。
老木になると深い亀甲状に裂け目ができ、やや厚い鱗片となって剥がれ落ちる。

常緑高木。



黒松(クロマツ)
黒松(クロマツ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37

黒松(クロマツ)
黒松(クロマツ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37



クロマツ
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

○クスノキ科 クロモジ属 クロモジ
 学名:Lindera umbellata
 英名:

花期は3~4月頃。
葉の展開と同時に、小枝の節に散形花序をだし、
淡黄緑色の小さな花を多数つける。
雄花には雄しべが9個、雌花には1個の雌しべと仮雄しべが9個ある。
果実は球形で、9~10月頃に黒く熟す。

葉は枝先に集まってつく。
葉の形は卵状狭楕円形、または狭長楕円形で葉の先端が尖る。
葉の縁は全縁。
薄い洋紙質で、若葉には白い長毛が密生する。
葉の裏面は帯白色で、みゅくは隆起しない、側脈は4~6対。

枝は暗緑色で黒い斑点が多い。
樹皮や材に独特の香りがあり、楊枝や細工物に使われ、
葉や種子からは香油がとれる。

落葉低木。



黒文字(クロモジ)
黒文字(クロモジ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37

黒文字(クロモジ)
黒文字(クロモジ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37

黒文字(クロモジ)
黒文字(クロモジ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月23日 市川市万葉植物園 α37
Related Posts with Thumbnails

拍手[1回]

  
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
カウンター


ninja tools
PIXTA
写真素材のピクスタ
プロフィール
HN:
千秋
性別:
女性
自己紹介:
掲載画像の著作権は撮影者に帰属します。

画像の無断転載・転用・配布等は、かたくお断りします。

私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。

画像盗用サイト、著作権違反はURLを公表。
花時計
本棚
レシピ
日めくりカレンダー
PR
Copyright ©  -- 日々徒然 日々戯言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]