忍者ブログ

日々の徒然に撮りためた画像ブログ 。 画像の無断転載・転用・配布等は、固くお断りします。 私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。 まとめサイト転載は断固拒否。

   
カテゴリー「植物 ナ」の記事一覧
○アブラナ科 アブラナ属 アブラナ
 学名:Brassica rapa L. var. nippo-oleifera
 英名:Rapeseed,Chinese colza

アブラナ科に咲く花の総称。
色は一般的に黄色だが、例外もある。

花を観賞するために栽培されるものは、花菜(ハナナ)とも呼ばれる。



菜の花(ナノハナ)
菜の花(ナノハナ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月3日 水元公園 α37

菜の花(ナノハナ)
菜の花(ナノハナ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月3日 水元公園 α37

菜の花(ナノハナ)
菜の花(ナノハナ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月3日 水元公園 α37



ナノハナ

拍手[1回]

○ミカンソウ科 コミカンソウ属 ナガエコミカンソウ
 学名:Phyllanthus tenellus
 英名:Mascarene Island leaf-flower, Long-stalked phyllanthus

別名、ブラジルコミカンソウ。

花期は7~9月頃。
葉腋に極々小さな白色の、雄花と雌花をつける。
花柄が長い、ミカンに似た蒴果を下垂させる。

葉は互生。
葉の形は楕円形で、多くの横枝がある。

一年草。



長柄小蜜柑草(ナガエコミカンソウ)
長柄小蜜柑草(ナガエコミカンソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年8月4日 α37

長柄小蜜柑草(ナガエコミカンソウ)
長柄小蜜柑草(ナガエコミカンソウ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年8月4日 α37



ナガエコミカンソウ

拍手[1回]

○メギ科 ナンテン属 ナンテン
 学名:Nandina domestica
 英名:Heavenly bamboo, Sacred bamboo

花期は6~7月頃。
葉の間から、花序を上に伸ばし白い花を咲かせる。
晩秋から初冬にかけて、赤色(まれに白色)の小球形の果実をつける。

葉は互生、3回奇数羽状複葉。
小葉の形は披針形。

落葉低木。



南天(ナンテン)
南天(ナンテン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年6月2日 α57

南天(ナンテン)
南天(ナンテン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年6月2日 α57

南天(ナンテン)
南天(ナンテン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年6月2日 α57

南天(ナンテン)
南天(ナンテン) posted by (C)千秋
撮影日:2018年6月2日 α57



ナンテン

拍手[1回]

○バラ科 キイチゴ属 ナワシロイチゴ
 学名:Rubus parvifolius
 英名:

花期は5~6月頃。
枝先や葉腋に、紅紫色の花を上向きにつける。
花弁は倒卵形で直立する。
萼や花軸、花柄には軟毛が密生し、小さな棘がある。

果実は集合果。
6月頃に赤く熟し、食用になる。

葉は、奇数羽状複葉で互生。
小葉は、ふつう一対。
1年茎の葉は大きく、小葉が2対のものもある。
頂小葉は、菱形状倒卵形で、葉の先が丸い。

葉の縁には、欠刻状の重鋸歯がある。
葉の裏面には、白い綿毛が密生する。
葉柄や葉軸には、小さな棘と軟毛がある。

落葉低木、または落葉つる性小低木。



苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

苗代苺(ナワシロイチゴ)
苗代苺(ナワシロイチゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年4月30日 α37

拍手[1回]

○マメ科 ソラマメ属 ナンテンハギ
 学名:Vicia unijuga
 英名:

別名、二葉萩(フタバハギ)。

花期は6~10月頃。
葉の腋から総状花序をだし、紅紫色の蝶形の花を多数つける。
苞は線形、または披針形で1みりほどで、開花前に落ちる。
萼裂片は長さが不揃いで、最下部の裂片が他のものより長い。

葉は互生し、2枚の小葉からなる羽状複葉。
小葉の形は卵形。
葉は全縁で毛がある。

木質の太い根茎がある。

多年草。



南天萩(ナンテンハギ)
南天萩(ナンテンハギ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

南天萩(ナンテンハギ)
南天萩(ナンテンハギ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

南天萩(ナンテンハギ)
南天萩(ナンテンハギ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37



ナンテンハギ

拍手[1回]

○マキ科 ナギ属 ナギ
 学名:Nageia nagi
 英名:

花期は5~6月頃。
雄花も雌花も、前年の葉わきにつく。

雄花は円柱形で、数個ずつ束生する。
雌花には鱗片が数個あり、1~2個の胚珠がつく。

種子は花のあとで、肥大した雌花の鱗片に包まれ、核果状になる。
種子は、雌花の鱗片が肥大したも のに、包まれて熟す。
はじめは緑色で白い粉をかぶり、10~11月に熟すと褐色になる。

葉は対生。
節ごとに、90度ずつねじれるので、2列状に見える。
葉の形は楕円形で、先端は鈍く、基部はくさび形。
葉の表面は濃緑色で光沢がある。
葉の裏面は、粉白色。
葉の質は、革質で厚い。

細い平行脈が多数あるが、主脈はない。
この為、縦には裂けやすいが、横には裂けにくい。

葉が密生し、円形の樹冠をつくる。
樹皮は赤褐色で、ところどころ大きく剥がれ落ちる。

常緑高木。



梛(ナギ)
梛(ナギ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

梛(ナギ)
梛(ナギ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

拍手[1回]

○モチノキ科 モチノキ属 ナナミノキ
 学名:Ilex chinensis
 英名:

別名、斜めの木(ナナメノキ)

花期は6月頃。
葉の脇に散形花序をだし、小さな花をたくさん咲かせる。
花の色は淡紫色。

葉は互生。
葉の形は長楕円形で、葉の質は薄い。
葉の縁には、浅い鋸歯がある。

常緑高木。



七実の木(ナナミノキ)
七実の木(ナナミノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

七実の木(ナナミノキ)
七実の木(ナナミノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

七実の木(ナナミノキ)
七実の木(ナナミノキ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年10月26日 小石川植物園 α37

拍手[1回]

○クロウメモドキ科 ナツメ属 ナツメ
 学名:Ziziphus jujuba
 英名:Jujube

花期は6月頃。
葉腋に黄色の小さな花を数個開く。
花弁5個、雄しべ5個、萼片5個、雌しべ1個。
果実は2~3センチの楕円形で、黄褐色に熟し、食用や薬用になる。

葉は互生。
葉の形は卵形または長卵形で、光沢があり3脈が目立つ。
長い葉柄がある。
葉の縁には、浅い鈍鋸歯がある。
長い枝には、托葉が変化した棘がある。

落葉小高木。



棗(ナツメ)
棗(ナツメ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

棗(ナツメ)
棗(ナツメ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57



ナツメ

拍手[1回]

○クロウメモドキ科 ナツメ属 ナツメ
 学名:Ziziphus jujuba
 英名:Jujube

花期は6月頃。
葉腋に黄色の小さな花を数個開く。
花弁5個、雄しべ5個、萼片5個、雌しべ1個。
果実は2~3センチの楕円形で、黄褐色に熟し、食用や薬用になる。

葉は互生。
葉の形は卵形または長卵形で、光沢があり3脈が目立つ。
長い葉柄がある。
葉の縁には、浅い鈍鋸歯がある。
長い枝には、托葉が変化した棘がある。

落葉小高木。



棗(ナツメ)
棗(ナツメ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

棗(ナツメ)
棗(ナツメ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

棗(ナツメ)
棗(ナツメ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

棗(ナツメ)
棗(ナツメ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57



ナツメ

拍手[1回]

○アオイ科 シナノキ属 ナツボダイジュ
 学名:Tilia platyphyllos
 英名:

別名、洋種菩提樹(ヨウシュボダイジュ)、西洋菩提樹(セイヨウボダイジュ)

花期は6~7月頃。
葉のわきから集散花序をだし、小さな花をたくさん咲かせる。
花の色は黄白色で、良い香りがする。
花弁は5個。
雄しべはたくさんあり、萼片は5個。
花の柄には、淡緑色の苞が1個つく。
花後は球形の堅果ができる。

葉は互生。
葉の形は、卵形。
葉の縁には、鋭い鋸歯がある。

落葉高木。



夏菩提樹(ナツボダイジュ)
夏菩提樹(ナツボダイジュ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

夏菩提樹(ナツボダイジュ)
夏菩提樹(ナツボダイジュ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

夏菩提樹(ナツボダイジュ)
夏菩提樹(ナツボダイジュ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

拍手[1回]

  
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
カウンター


PIXTA
写真素材のピクスタ
プロフィール
HN:
千秋
性別:
女性
自己紹介:
掲載画像の著作権は撮影者に帰属します。

画像の無断転載・転用・配布等は、かたくお断りします。

私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。

画像盗用サイト、著作権違反はURLを公表。
花時計
今日の和色
本棚
レシピ
PR
Copyright ©  -- 日々徒然 日々戯言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]