忍者ブログ

日々の徒然に撮りためた画像ブログ 。 画像の無断転載・転用・配布等は、固くお断りします。 私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。 まとめサイト転載は断固拒否。

   
○カバノキ科 アサダ属 アサダ
 学名:Ostrya japonica
 英名:

別名、ハネカワ、ミノカブリ。

花期は4~5月頃。
雄花序は、前年の枝から垂れ下がる。
褐黄色で長さ3センチほど。

雌花序は、本年枝の先にでて、苞鱗に雌花が2個ずつつく。
果穂の長さは5~6センチ、狭い卵状でやや垂れ下がる。
果苞は卵状長楕円形で袋状になり、5~6ミリの種子を抱く。

葉は互生。
葉の形は、狭卵形または卵状長楕円形。
側脈は、9~13対。
葉の質はやや薄い。
葉の縁には、針状に尖った重鋸歯がある。

樹皮は、暗褐色または灰褐色。
浅く縦に裂け、長い鱗片となって剥げ落ちる。

落葉高木。



浅田(アサダ)
浅田(アサダ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

浅田(アサダ)
浅田(アサダ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月4日 小石川植物園 α57

拍手[1回]

○ツツジ科 アセビ属 アセビ
 学名:Pieris japonica subsp. japonica
 英名:Japanese andromeda, Lily of the valley bush

別名、アシビ、アセボ。

花期は3~5月頃。
枝先から円錐花序を下垂させて、壷形の小さい花を咲かせる。
花の色は白色。

葉は倒披針形から長楕円形で、枝先に集まってつく。
葉身の上半部には浅い鋸歯がある。

有毒植物、常緑低木。



馬酔木(アセビ)
馬酔木(アセビ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月14日 α37

馬酔木(アセビ)
馬酔木(アセビ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月14日 α37

馬酔木(アセビ)
馬酔木(アセビ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月14日 α37

馬酔木(アセビ)
馬酔木(アセビ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月14日 α37

馬酔木(アセビ)
馬酔木(アセビ) posted by (C)千秋
撮影日:2018年3月14日 α37



アセビ

拍手[1回]

○ミツガシワ科 アサザ属 アサザ
 学名:Nymphoides peltata
 英名:Water fringe, Yellow floating heart

別な漢字で、阿佐佐とも書く。

花期は6~8月頃。
葉腋から花茎を出し、5枚花弁の黄色い花を咲かせる。

葉の形は円形から卵形。
葉には長い柄があり、水面に浮かんでいる。

水生多年草。



浅沙(アサザ)
浅沙(アサザ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月14日 皇居東御苑 α57

浅沙(アサザ)
浅沙(アサザ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月14日 皇居東御苑 α57

浅沙(アサザ)
浅沙(アサザ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月14日 皇居東御苑 α57



アサザ

拍手[1回]

○キンバイザサ科 ロドヒポキシス属 アッツザクラ
 学名:Rhodohypoxis baueri
 英名:Rose grass,Red star

花期は3~5月頃。
花径2~3センチほどの、花被片は6枚で、3枚ずつ2段になっている。
花の色は白、ピンク、赤紫色などがある。

根の際から生える葉は、細長い線形で葉脈があり、白い毛が生える。

多年草。



アッツ桜(アッツザクラ)
アッツ桜(アッツザクラ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月19日 α350

アッツ桜(アッツザクラ)
アッツ桜(アッツザクラ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月19日 α350



アッツザクラ

拍手[1回]

○ブナ科 コナラ属 アメリカガシワ
 学名:Quercus palustris
 英名:Pin oak

一般流通名、ピン・オーク。

花期は3~4月頃。
葉の展開と同時期に花をつける。

葉は互生。
葉は不規則に5~9深裂する。

よく分枝し、樹形はピラミッド形。

落葉高木。



亜米利加柏(アメリカガシワ)
亜米利加柏(アメリカガシワ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月5日 水元公園 α57

亜米利加柏(アメリカガシワ)
亜米利加柏(アメリカガシワ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年5月5日 水元公園 α57



アメリカガシワ

拍手[1回]

○マメ科 デイゴ属 アメリカデイゴ
 学名:Erythrina crista-galli
 英名:Coral tree

和名、海紅豆(カイコウズ)。

花期は6~9月頃。
総状花序を出し、鮮紅色の蝶形の花をつける。
雄しべは先まで合着し、そこで分かれる。
花後は、豆果ができる。

葉は3出複葉で、互生する。
小葉の形は、卵形。
葉の柄や、葉の裏面などに、棘がある。

落葉小高木。



亜米利加梯姑(アメリカデイゴ)
亜米利加梯姑(アメリカデイゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月3日 α200

亜米利加梯姑(アメリカデイゴ)
亜米利加梯姑(アメリカデイゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月3日 α200

亜米利加梯姑(アメリカデイゴ)
亜米利加梯姑(アメリカデイゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月3日 α200

亜米利加梯姑(アメリカデイゴ)
亜米利加梯姑(アメリカデイゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月3日 α200

亜米利加梯姑(アメリカデイゴ)
亜米利加梯姑(アメリカデイゴ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年6月3日 α200



アメリカデイゴ

拍手[1回]

○バラ科 サクラ属 アズマニシキ
 学名:Prunus lannesiana 'Azumanishiki'
 英名:

荒川堤にあったとされ、佐野藤右衛門氏によって保存されている。

品種:東錦(アズマニシキ)

系統:ヤマザクラ群サトザクラの仲間
花型:八重
花弁:15~20個
花色:淡紅色で、外側がやや濃い色となる
萼筒:長鐘形
萼片:披針状三角形

花期は、4月頃。
散房花序で、3~5花からなる。
花の色は淡い紅色で、花弁の外側が、やや濃い色となるのが特徴。
花の大きさは、5センチほどの、八重の大輪。
雌しべの葉化が見られる。

葉は互生。
葉の形は広楕円形で、先端は短尾状鋭尖形、基部は浅心形。
葉の鋸歯は重鋸歯で、先端は糸状に伸びる。

樹皮は灰褐色。
枝はやや横に広がって伸びる。

落葉高木。



東錦(アズマニシキ)
東錦(アズマニシキ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年4月23日 皇居東御苑 α57

東錦(アズマニシキ)
東錦(アズマニシキ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年4月23日 皇居東御苑 α57

東錦(アズマニシキ)
東錦(アズマニシキ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年4月23日 皇居東御苑 α57

拍手[1回]

○ツツジ科 ツツジ属 アズマシャクナゲ
 学名:Rhododendron degronianum
 英名:

花期は4~6月頃。
淡紅色の花を咲かせる。
花冠は5裂し漏斗形で広く開く。
雄しべは10個。

葉の形は長楕円状披針形で、光沢があり皮質。
葉の裏面には、灰褐色の軟毛が圧着する。

常緑低木。



東石楠花(アズマシャクナゲ)
東石楠花(アズマシャクナゲ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年4月23日 皇居東御苑 α57

東石楠花(アズマシャクナゲ)
東石楠花(アズマシャクナゲ) posted by (C)千秋
撮影日:2017年4月23日 皇居東御苑 α57



アズマシャクナゲ

拍手[1回]

○マンサク科 マンサク属 種:シナマンサク 品種:アカバナマンサク
 学名:Hamamelis japonica var.obtusata f.incarnata
 英名:

花期は2~3月頃。
葉に先立ち、4枚花弁のリボン状の花をつける。
萼片は4個。
花の色は暗赤色、黄色い縁取りがある。

葉は互生。
葉の形は広卵形で、葉の基部は左右の形がちがう。
葉の縁は先半分に波状の鋸歯があり、基部半分は全縁になる。

落葉小高木。



赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク)
赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2017年1月25日 上野東照宮 α57

赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク)
赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2017年1月25日 上野東照宮 α57

赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク)
赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2017年1月25日 上野東照宮 α57

赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク)
赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2017年1月25日 上野東照宮 α57

赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク)
赤花満作・赤花万作(アカバナマンサク) posted by (C)千秋
撮影日:2017年1月25日 上野東照宮 α57



アカバナマンサク

拍手[1回]

○モチノキ科 モチノキ属 アオハダ
 学名:Ilex macropoda
 英名:

花期は5~6月頃。
短枝の先に緑白色の花をつける。
雄花は球状に集まってつき、雌花は数個ずつつく。
花弁は楕円形で4~5個あり、萼は4~5裂する。

雄花の雄しべは4~5個。
雌花には小さな退化した雄しべが4~5個ある。
子房は卵状球形で大形、果実は赤色に熟す。

葉は長枝では互生、短枝では束生する。
葉の形は卵形または広卵形で膜質。
葉の縁には浅い鋸歯がある。
葉の表面には細かい毛があり、裏面は脈上に開出毛が多い。

樹皮は灰褐色で薄く、簡単にはがれて、緑色の内皮が現れる。
これがアオハダの名の所以になっている。

雌雄異株、落葉高木。



青膚・青肌(アオハダ)
青膚・青肌(アオハダ) posted by (C)千秋
撮影日:2016年10月10日 皇居東御苑 α57

青膚・青肌(アオハダ)
青膚・青肌(アオハダ) posted by (C)千秋
撮影日:2016年10月10日 皇居東御苑 α57



アオハダ

拍手[1回]

  
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
カウンター


PIXTA
写真素材のピクスタ
プロフィール
HN:
千秋
性別:
女性
自己紹介:
掲載画像の著作権は撮影者に帰属します。

画像の無断転載・転用・配布等は、かたくお断りします。

私的利用の無断ダウンロードも固くお断りします 。

画像盗用サイト、著作権違反はURLを公表。
花時計
今日の和色
本棚
レシピ
PR
Copyright ©  -- 日々徒然 日々戯言 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]